春の気配

0
    こんにちは。
    暖かい日が続き、春の気配を感じます。

    我が家の庭も春めいて来ました。



    外の猫ものんびり、冬眠ならぬ春眠しています
    カメラを向けたら起きましたけど…

    さて、家の中でも春の気配…。

    我が家には5匹の猫がいるのですが、冬毛から夏毛へと変身中。
    抜けます、抜けます、抜けまくりです。
    気づくと私の服も毛だらけです…。

    かわいいわが子たちの毛なので、家の中では気にしませんが、うっかり外で自分の服がすごいことになっているのに気づくと恥ずかしいです…((¯―¯?)

    でも、冬の寒さもそう厳しくない家の中の猫たちも、しっかりと季節に応じて身体を変化させているんですよね。

    きっと私たち人間の身体も春に向けて変化をしているのでしょう。

    春の野菜はアクの強いものが多く、それを食べることで、体内の「なにか」の排出を助けているそう…。

    今年の私の「なにか」はなんだろうな。
    スッキリ排出して、夏に迎えるかな…。



    ネムネム…。
    posted by: Carina | 身体のこと | 22:12 | comments(0) | - |

    食べることについて、一回転

    0
      前に「減食」という題でブログを書いた。
      しばらく、食べるのを減らしていたら、体重も体調もよくなった。

      「一回転」という今回の題名から、結末を予測出来ちゃうとは思うけど、そこからの私の思考、選択をかなりかいつまんで書くと以下の通り。

      ★では、このまま、「不食」を目指しちゃう??


      ★食事に使う時間が減るから自分の時間が増えるらしい。
      ★食べなくなると、消化にエネルギーを使わないらしいから、あんまり寝なくてもよくなるらしい。
      ☆身体に取り入れた、不要物(添加物など)を浄化しなくてすむ。
      ☆エネルギーの流れもよくなる。


      ☆の2つについては文句なし。
      ★の2つについて再考。
      →★食事する時間が減ると、生活に余裕が出るかも?しかし、家族が食事をしている時間、私だけ食べないのは、さみしい。寂しがりの私としてはかなりさみしい。友だちともランチにいけない。行っても、食べないのはさみしい。かなりさみしい。
      →★睡眠時間も少なくてよい?寝るの好きなのに。しかも、夜中、みんなが寝てるのに1人起きているのはさみしい。ひま。ひま。ひま。
      ★食べるの楽しい。好きな食べ物もある!


      私は、この人生では、食べることを選びます。
      選ぶことにしました。

      手放すことを考えてその後の自分を想像すると、今まで何も考えずにしていたことも、あんまり好きじゃないと思ってやっていたことも、手放したくないほど好きであることに気づく。
      もう、過分に食べたりはしないだろうけど、家族や友だちとの食事の時間を大切に思えたり、美味しい好物を作れたり買えたりした時に、とっても幸せな気分になれるようになる。

      モノを持たないことも同じかも。

      今世で人間として生まれたには、生まれた意味があり、段階がある。
      私はまだ物質世界の中での幸せも味わい、多くの人と共有する喜びも味わうことを学びに来てるんだろう。

      長ければ(私の手相からすると長いんだけど)、あと40〜50年、私はこの世から学ばなければならないことがあり、途中で変化もあるのだろうけど、まずは、この身体を含めた物質世界をもっともっと好きになって、愛せるようになるんだと思う。

      そしたら、もっと周りの人も愛せるようになるかな…。そうだといいな。

      食べることからぐるっと一回転して考えたこと…
      「人間だもの」
      すごいな、相田みつをさん。

      何事も自分が選んだ時から、好きになります。
      選んだ時から、責任を持てます。
      当たり前と思っていたことも、もう一度選び直してみてはいかが?
      発見ありマス。

      感謝。
      Carina☆
      posted by: Carina | 身体のこと | 21:24 | comments(0) | - |

      減食

      0
        あまり食べないこと、というか、お腹が空いている状態に慣れてきた。

        お腹がすいている、というのはこれまで快・不快で言ったら不快だったのが、快になった。
        ホントに不思議。

        食べないと生命の危機を感じるようにDNAに刻まれているのだから、お腹がすく、というのは生命の危機で不快中の不快であって当然。

        それが、お腹が空いている時は胃は休めるし、身体も軽いし、眠気もない、という極めて快い状態だ!と意識だか無意識だかが変わったようだ。

        世の中には「不食」という人たちがいるらしく、出版されている本もあるみたいなので、少しずつ読もうとは思っているけれど、頭に情報を入れるよりも身体の声をよく聞いた方が早いかもしれない。私もそれなりに身体の声を素直に聞けるようにはなっているみたいなので、考えずに感じるままに行動することにした。
        とにかく、不食までは行かなくても、やたらと食べたいと思わないような状態になっている。

        これまでは、朝起きたらマグカップ1杯の紅茶を飲み、1日で5杯くらいの水分を摂らないと落ち着かない私だったのだか、昨日や今日は、朝作った紅茶を午前中いっぱいかかって飲むくらい少しずつ飲んだ。
        これはもしかしてだけど、食べ物を消化するのに水分が必要だったのではないかな?午前中はほとんど食べなかったので、水分もそんなに要らなかったのかも。

        それから、お恥ずかしい情報ですが、まぁ水分をたくさん摂るだけあって水分をたくさん排出していたわけですよ。しかし、そんなに摂らなければそんなに排出しないわけでございます。これまでトイレの水をジャーっと流す度に、「水をこんなに使って…」と感じていた罪悪感が激減!

        料理をし食器を洗う時にも「洗剤を使って…」「水を使って…」「地球を汚して…」など感じていたことも、食事の回数が減ればその分だけ減る!

        また、私は生命線かやたら長く、手相を鑑定してもらうと必ず長生きすると言われ、どれだけ未来の資源を使ってしまうのだろうと暗澹たる気持ちになっていたのだが、もし、1日1食で生きて行けたら30年生きても、1日3食の10年と同じくらいの資源消費で生きて行けるのかも…。そしたら、長生きすることに対する罪悪感もかなり減るかもしれない。

        それから、何よりも、その1食を大事に出来るようになる気がする。だって厳選した1食だもの。本当に食べたいものをよく噛んで感謝して食べることが出来る気がする。

        もしかしたら、いいことだらけかもしれない。
        まだ始めたばかりだけど、ルールを作らず、自分を縛らずやって行こうと思っている。

        家族のご飯はどうするの?という疑問が聞こえて来そうだけど、そこも自由に(笑)

        さて、今日は夕飯をしっかり食べたけれど、胃が充分に休まっていたからか、消化も早いようでまたお腹が空いている。でもこの状態はそう、快感!

        いくつになっても発見だらけ。ありがとう!
        Carina☆
        posted by: Carina | 身体のこと | 23:26 | comments(0) | - |

        口内炎と胃痛で。

        0
          高校生くらいから胃が弱く、ストレスですぐ胃が痛くなっていたので、胃痛は友だちみたいなものだった私。更に口内炎もよく出来る。疲れると口内炎…

          1週間ほど前、大きな口内炎が出来て口を開くのも億劫な程。そして、じんわりと胃痛…。
          ここの所、疲れを食で埋めていたし、食欲はすごくあったのだけど、これは食べるなってことだな、とついに認め(笑)、しばらく最小限のものしか食べないことにした。

          ちょうど妹が食べることに関するあれこれを手放している最中で、その話を聞いていて、憧れるものもあったので、こんなの序の口でしょう、と。

          結論から言うと、意外と食べなくても大丈夫だった笑!

          まずは、口内炎の主張に合わせて水分を摂るだけに…意外と大丈夫。
          数日後、1日1回、水分の多めの食事で胃に優しそうなものを食べる。でも、それでも食べると胃痛がする…。身体は休ませてと言っている…。食べたいというのは身体ではなく感情。
          胃の負担を減らすために、よく噛んで食べることに。
          私は食べるのが遅いとみんなに笑われることが多いので、よく噛んで食べている方だと思っていたが、意識してよく噛むと、食べ物の味がする!ん?今まで、あまり噛まずに飲み込んでいたのかな?急いで食事をしていたのかも…。
          噛むとご飯は美味しい!!
          よく噛んで食べると満足感もあり、食べる量は少なくても大丈夫。

          いつの間にか自分の意識と行動はズレていたらしい。

          そんなこんなで一週間。とりあえずまだ胃はぼんやりとモヤモヤしてるし、口内炎は残っている。色々と調整中だけど、体重が2kgほど落ちて、自分の中ではベスト体重。
          身体も軽い。
          食べ過ぎてたんだ、やっぱり。

          食べることと向き合うきっかけを否応なしに与えてくれた、胃と口内炎に感謝しつつ、はい、もう少し向き合います。

          感謝!
          Carina☆
          posted by: Carina | 身体のこと | 08:59 | comments(0) | - |

          電磁波の恐怖

          0
            昨日の夕方のヤラセのようなすごい出来事を1つ。
            うちの母がお隣さんと立ち話。
            肩こりがひどくて、腕もあがらなくなり、病院に行ったらスマホのせいではないかと言われたと。
            母は私の愛用「電磁波カット棒」を思い出して、急いで帰宅、「あれ、どこで買えるの?」

            我が家で「電磁波カット棒」と呼ばれているのはドイツのレヨネックス社で作っているミニレヨネックス。見た目はなんだかわからない四角い塊としか言いようのないもので、6年くらい前にホメオパスさんに教えて頂き、ずっと助けてもらっているもの。
            持った瞬間に効果を実感したので、何も調べずに3つ譲って頂き、娘の枕元やら、カバンの中やら、ポケットやらに入れて頑張ってもらっていた。
            今はどこで買えるのかわからないけど、とりあえず、1つ握りしめてお隣へ。

            私「えっと、これなんですけど、今どこで買えるかわからないんですけど、えっと…、周囲の電磁波を中和するんですけど…」上手く説明出来ないかも…「ちょっと握ってみて下さい!」と渡す。
            お隣さん、握って「えっ、えーっ?なんか感じるよー?あれー?なんか、なんか痺れてるみたいな

            良かった、効果が感じられるんだ…、と落ち着いて説明を始める私。

            電磁波は自分で意識出来ない方が多いみたいだけど、かなり身体に貯まり、頭痛、腰痛、肩凝りの原因になっている。私の感覚では筋肉を硬くして、血液を熱くする感じ。手は痺れる。
            電磁波が貯まり過ぎたコチコチの身体は電磁波が抜けて行く時、足の痺れが治りかけみたいなビリビリした感覚になる。
            それを感じているご様子。

            私「もしかして、スマホ、iPhoneに変えました?」
            お隣さん「そう!」
            私「iPhone特にすごいですよ、飛び抜けてるんですよ」
            お隣さん「そうなの?知らなかったよ、そんなの」

            どこの携帯会社でも各端末の人体に影響を与える電磁波のSAR値というのを公開しているけど、気にして購入してる人はどれくらいいるのかな?そして、iPhoneのだけはなぜか携帯会社では公開されていない…。単純に計算出来るものではないんだろうけど、3倍くらい強い。怖い。
            そんなことを話しつつ、とりあえずは電磁波カット棒だ!

            私「どこで買えるか探してみますので、これ、何日か使ってて下さい。とりあえずはポケットに入れておいて下さい。」

            家に戻り、ネットで探したら買えることが判明したので、早速またお隣へ。その間5分くらい。

            到着早々にお隣さん「見て!腕が上がる!身体が軽い!身体ってこんなに軽かったっけ?」と腕をまっすぐ上に挙げて見せてくれました。

            すごい!
            やらせみたい!

            早速ネット注文しました。
            で、ホントに電磁波って怖いなぁ、と改めて思った次第。
            感じないとなかなか信じられないとは思いますが、気をつけて欲しいです。怖いです

            宣伝みたいですが、一応載せますね。
            ミニレヨネックス

            レヨネックス社のホームページも面白いので、ご興味の出た方はぜひ検索してみて下さい。

            見えない電波がたくさん飛んでいる環境で、少しでも快適に暮らすには知っておいた方がいいことがまだまだありそうです。


            Carina☆
            posted by: Carina | 身体のこと | 18:28 | comments(0) | - |

            正直な…その2

            0
              昨夜、ブログを書いてから、ホントに喉の痛みが和らいで来て、あれあれ?と思っているうちに、全身が重くなり…。
              夕食後は立っていられず、早々にベッドに…。
              寒気がし、あっという間に38℃の熱へ。
              あらら。
              おめでとうo(^▽^)o
              やっと熱を出せた〜♪
              身体がホントに緩んだということでしょうか。
              キュッと縮こまってた細胞が、ゆるゆるとほどけて行く感じ。
              しかし、久しぶりの発熱は一晩中唸るほど、キツかった!

              いま、37℃台へ。
              まだつらい。
              妹にもレイキの遠隔をお願いし、ウトウトしながら、こんな時間まで。

              明日には復活出来るかしら?
              もう少し、寝よっと。

              ありがとう。
              Carina☆
              posted by: Carina | 身体のこと | 14:57 | comments(0) | - |